本文へジャンプ

お客様の声

「もう一度、生まれ育った真備に帰ろう」。家族四人が見つけた安住の地、住まいがここにある。

「秦建設」発「家族の物語」。今回の舞台は倉敷市真備町。あの平成30年西日本豪雨災害から3年3ヶ月。その間、被災地では住宅の改修や店舗の再開など、復興に向けた懸命な取り組みが続いていた。今回紹介する倉重さん一家もそんな家族のひとつ。倉重家、再生への道のりを振り返る。

2018年7月7日、倉重さん一家は真備町内のアパートで暮らしていた。直人さん、祐子さん、長女の桃花ちゃん(当時10歳)、そして生まれて間もない杏菜ちゃん(当時0歳)。水害に見舞われ、住む場所をなくした一家は、幼い杏菜ちゃんを抱えて総社市で避難生活を送りながら、自分たちの行く末を案じたという。「真備に戻るべきか、それとも違う土地を探すべきか」。逡巡した結果、ふたりが下した結論は「真備に帰ろう」の一心。「私と祐子は真備で生まれ、真備で育ちました。豪雨の被害は甚大でしたが、家族や親戚、友人たちが暮らすこの町への愛着は抑えようがありませんでした。違う町に住むことも考えた時期がありましたが、私たちは、もう一度真備で暮らすことを選びました」と当時の心境を思い返す直人さん。そこから始まった土地探し。ふたりが選んだのは、なんと秦社長の自宅の隣。そこは水害で荒れた土地を秦社長が購入し、「いつか遊び場を作って、孫たちとここで遊ぼう」と手入れしていた土地。さまざまな縁に恵まれて、ふたりの目に留まり、晴れて再スタートの地となった。
その話を振り返り、秦社長が初めてふたりに会った時のことを思い返す。「実はこの土地は人さまに売るつもりはまったくなかったんです。ところがおふたりに会ってみると若く、明るく、聡明で、一生懸命ふたりで働いて、一生懸命子育てに励んでいる。そんな、おふたりの姿を見て『ああ、この方々ならお隣さんとして長くよいお付き合いができそうだ。なんとか力になれたら…そう思いました」とにこやかに話す秦社長。 「うちの娘たちも秦社長と和子さん(秦社長夫人)のことを『おじちゃん、おばちゃん』と呼んで、とても懐いているんです」。そう話す祐子さんの言葉に、普段現場の最前線で厳しく指揮を執る「秦建設社長」の姿とは違った実に好々爺とした笑顔で聞き入る秦社長の横顔…。
真備で生まれ育った夫婦が、ふたりの娘とともに再び真備の町に暮らせる喜び。それこそが再生、それこそが倉重家の未来。

取材の最後に、祐子さんが何気なくこうつぶやいた。「もし、ここに住んでいなかったら、私たち今ごろどこにいるんでしょうね」。
その素直な心情の発露に深くうなずく秦社長。「お隣のおじちゃん」が建てたわが家、家族四人の安住の地が今ここにある。

一覧へ戻る

秦建設株式会社|岡山で新築一戸建、マンション・商業施設などの設計、施工・リフォーム・賃貸マンション経営のことなら秦建設株式会社へ

新築一戸建てマンション商業建築などの設計施工リフォームマンション経営などのサービスに関するご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは086-262-3945

賃貸物件について

秦建設が自信を持って、おすすめする賃貸物件をご紹介致します。

マンションリフォーム

とにかくキレイにして、不動産屋さんに胸を張って入居者様をご案内していただくお手伝いをします。

不動産賃貸業経営セミナーについて

オーナー様の“タメになる”不動産賃貸業経営セミナーを定期的に開催しています。

高い耐震性について秦建設の取り組みをご紹介

入居者様の安全を第一に考えた、ハイグレードな耐震性についてご紹介します。

マンション経営

マンション建設のプロが、土地活用に最適なマンション経営をサポート。

住宅の施工実績

お客様と共に歩んできた、住宅の施工実績をご覧いただけます。

素敵にリフォーム

お客様の大切なマイホームをあずかりリフォームをさせていただいた事例をご紹介します。

  • 坪井監督の現場日誌:レジデンス山田
  • 和多監督の現場日誌:サンフルーフ
  • 横山監督の現場日誌:サンセール東古松2

秦建設の仕事人

秦建設のことをより知っていただける楽しいページです。

ページの先頭へ戻る