本文へジャンプ

お客様の声

稲を植え、額に汗して働く。米作りも不動産賃貸業も成すべきことに変わりはない。

「私が幼い頃の清輝橋界隈は、肉屋や荒物屋、呉服店などが並んで本当に賑やかでした。旭川の岸には魚市場もあったんですよ」と懐かしげに語る西村勝文さん。昨年3月、清輝橋商店街横に完成した賃貸マンション「シュトラール医大東」のオーナーであり、西村家を率いる当主でもある。そんな勝文さんに生まれ育ったこの地への思い、家業について話をうかがった。

「信じられないでしょうが、かつて清輝橋はいわゆるターミナルでこの先は田んぼだったんです(笑)。ここから南は所々に村落が点在していました。今、『スプレンドーレ』が建つ場所にわが家がありましたが、座敷からは常山の桜が帯のように白く見えました」。

西村家が代々暮らす鹿田町・岡町エリアには、平安時代から中世にかけて「鹿田庄」があり、岡山大学病院の地下には今も鹿田遺跡が眠っている。そうした歴史ある街で不動産賃貸事業を営む西村家。「『シュトラール医大東』を建てるきっかけは秦社長からのお声掛けです。現地は交通の便もいいし、何より幼い頃から愛着のある街、ご近所さんも好意的でした。もちろん最初は悩みましたが最終的には『やってもいいかな』と(笑)。どの道、結果が出るのは5年、10年先の話ですから…」とにこやかに答える勝文さん。

そんな勝文さんの言葉に秦社長はこう答える。「西村家との出会いは、先代の鹿三郎さんの代にさかのぼります。その頃はせっせと米作りに精を出しておられました。今、コンビニエンスストアがあるあの辺りには苗代があったんです。その苗代田の一部を埋めて『スプレンドーレ』を建てる際には、鹿三郎さんに『ここから先に入ってはならん』とお叱りを受けたこともあります。それだけ米作りに誇りと愛着を持たれていたんですね」と今は亡き先代に思いを馳せる。

そうした米作りへの思いは、跡を継ぐ勝文さんと奥さまにしっかりと受け継がれている。
「稲が育つのを見るのが楽しみなんです。確かに田んぼへ行き来すると時間はかかりますが稲が小さい時はやはり気になりますね」と目を細める勝文さん。

米作りと不動産賃貸事業の両立。時代の流れとともに西村家の「稼業」は変遷してきた。それでも秦社長はあえてこう考える。「米作りも不動産賃貸事業も実は同じ。田んぼを耕して稲を植える。しっかりと考えてマンションを建てる。あとは自然の力が稲を育てる。不動産賃貸事業もきちんと仕掛けを作って努めればスクスクと育っていくものです。大切なのは自分を信じ、まわりを信じて明るく努力する。持ち運がいいとはそういうことなんです」。

親から子へ、子から孫へ。西村家の未来への仕掛けはまさに盤石。米作りの繁忙期には息子さんが仕事の合間を縫って手伝いに来てくれるそう。そう話す2人の表情は心から満ちたりた笑顔だった。

取材後の撮影。思うところあって今回のメイン写真はマンションではなく、あえて田んぼの側にした。たとえ時代は変わろうとも、米作りは西村家の原点。額に汗して働く姿こそが親から受け継いだ一番の財産。そんな思いから…。

一覧へ戻る

秦建設株式会社|岡山で新築一戸建、マンション・商業施設などの設計、施工・リフォーム・賃貸マンション経営のことなら秦建設株式会社へ

新築一戸建てマンション商業建築などの設計施工リフォームマンション経営などのサービスに関するご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは086-262-3945

賃貸物件について

秦建設が自信を持って、おすすめする賃貸物件をご紹介致します。

賃貸経営セミナーについて

オーナー様の“タメになる”賃貸経営セミナーを定期的に開催しています。

高い耐震性について秦建設の取り組みをご紹介

入居者様の安全を第一に考えた、ハイグレードな耐震性についてご紹介します。

マンション経営

マンション建設のプロが、土地活用に最適なマンション経営をサポート。

住宅の施工実績

お客様と共に歩んできた、住宅の施工実績をご覧いただけます。

素敵にリフォーム

お客様の大切なマイホームをあずかりリフォームをさせていただいた事例をご紹介します。

秦建設の仕事人

秦建設のことをより知っていただける楽しいページです。

ページの先頭へ戻る