本文へジャンプ

お客様の声

くらしの物語が受け継がれゆく家。平松様邸

真備町の平松家と秦建設とのご縁は、平松さんの父・寛さんと、仕事で真備町に来ていた秦青年との出会いからはじまりました。それから36年、今夏、平松家の家は新しくなりました。

生まれ育った地に建った家。

真備町の平松家と秦建設とのご縁は、平松さんの父・寛さんと、仕事で真備町に来ていた秦青年との出会いからはじまりました。それから36年、今夏、平松家の家は新しくなりました。
母屋の建っていた跡地への家づくりは、母・八重子さんも毎日現場を見るのが楽しみでした。ご主人や、賑やかに過ごした子育て時代の思い出を懐かしみながら、棟梁との会話も弾みました。棟梁は『玄関の腰板は縁側に使われていた桜の板を磨きあげ再利用』『玄関のアプローチは母屋跡から出たのべ石をたたき直して利用』と元の家の面影を残しつつ懐かしさが甦るような家づくりを進めました。八重子さんは「ご近所の方が集まる時には二間続きの和室が必要、広縁はもっと広くして」などの希望もきちんと伝えたそうです。「母は、秋山棟梁にいろいろ相談して決めたようですよ。お陰で気に入った家になったと喜んでます」と、敬一さん。新築でありながら懐かしさがこみ上げてくる家が完成しました。

平松様邸

平松寛さんと秦青年との出会い。

36年前、秦青年は平松家の近くに、大手建設会社が建設中のビルの現場監督として赴任していたのです。その現場を時々のぞく寛さんと秦青年は、どこか気が合ったのでしょう。次第に寛さんを通して、真備に馴染んでいくようになりました。
そのころ、このあたり一帯に記録的な豪雨がありました。現場のとなりの平松家のメロン畑も水に浸かり始めました。夫婦ではもう防ぎ切れないというとき、秦青年が見るに見兼ねて、現場のパネルを並べて堤防を作り、何台もポンプをかけ、懸命の作業でした。しかしどうにもなりません。「もういい。ありがとう」と寛さんが制します。それでも諦めず、必死で水に立ち向かう青年。その姿は、後の秦社長の姿そのものでもありました。
結局、メロン畑は助からなかったけれど、親子のような年の差ながら、二人の信頼関係は強まりました。「寛さんは創業間もない秦建設へ毎年、手作りの竹箒を持って来て下さいました。有り難かったですよ」と当時を思い浮かべる秦社長。時の流れを想い、平松さんも秦社長も感無量のご様子でした。

平松様邸
一覧へ戻る

秦建設株式会社|岡山で新築一戸建、マンション・商業施設などの設計、施工・リフォーム・賃貸マンション経営のことなら秦建設株式会社へ

新築一戸建てマンション商業建築などの設計施工リフォームマンション経営などのサービスに関するご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは086-262-3945

賃貸物件について

秦建設が自信を持って、おすすめする賃貸物件をご紹介致します。

賃貸経営セミナーについて

オーナー様の“タメになる”賃貸経営セミナーを定期的に開催しています。

高い耐震性について秦建設の取り組みをご紹介

入居者様の安全を第一に考えた、ハイグレードな耐震性についてご紹介します。

マンション経営

マンション建設のプロが、土地活用に最適なマンション経営をサポート。

住宅の施工実績

お客様と共に歩んできた、住宅の施工実績をご覧いただけます。

素敵にリフォーム

お客様の大切なマイホームをあずかりリフォームをさせていただいた事例をご紹介します。

秦建設の仕事人

秦建設のことをより知っていただける楽しいページです。

ページの先頭へ戻る