本文へジャンプ

不動産賃貸業経営セミナー

その日、V奪還の報を携えて、名将が ふたたび岡山を訪れた。今年で7年目となる「秦建設」セミナーへの「凱旋」。初春の歓喜、その後のコロナ禍、めまぐるしく変化し続ける競技環境。リーダーとして原監督が抱く想い、これからの展望を尋ねた。

各校の戦力が拮抗し「戦国駅伝」と呼ばれた2020年第96回箱根駅伝。2年ぶり5度目の総合優勝を果たしたのはフレッシュグリーンの襷・ 青山学院大学だった。すべての区間にドラマが生まれたが、なかでも原監督が「流れを引き寄せた」と振り返ったのが往路四区。走者は四年生にして箱根デビューとなる吉田拓也選手。新チームが始動した当初、原監督は「今季の四年生は頼りない。下手するとシード権(10位以内)も危ない」と酷評していたが、1年後その選手たちによって5度、宙に舞った。吉田選手は、勝利への流れを引き寄せた区間新記録の走りを見せた。「ダメダメ世代」と呼ばれてきた四年生のひとり。辛辣なファンから「11番目の男」と呼ばれた吉田選手の快走に原監督は「うちの4年生は強かった」と最大限の賛辞を贈った。
 しかし、その後コロナ禍によって生活様式は一変する。町田寮で選手と一緒に寮生活を送る原監督と美穂夫人は、あえて閉寮せず、「チーム全員でこの難局を乗り切ろう」と大学や保護者の理解を得たうえで、共同生活を続ける道を選択。それはリーダーとして覚悟を秘めたうえでの決断だった。「決めたからには、さまざまな行動規制を課しました。ただそれでもノーリスクにはなり得ない。なり得ないが自分たちがやるべきことは責任を持って取り組む。 その意思をもとに寮生活を続けています」と原監督。幸いにも現時点では部員全員が無事に競技生活を送っている。
 最後に原監督の次なる想い。 残りの指導者人生。尖った選手をどう育成できるか。マニュアル化だけでは生み出せない世界の舞台で戦える人材。そのために私は何をするべきか。思うに、人間には強みと弱みがある。その人が持つ強みを生かす指導が的確にできるかどうか。それが私のテーマです」。 続けて、「アフター&ウィズコロナの時代、『白紙のキャンパスにデッサンする力』が求められている。世の中にゼロリスクなどない。覚悟を持って、新しいモノを作り出せるかが今こそ問われている」と締めくくった。

中国電力で陸上を引退した際、原監督はある人から「お前は落武者だ」と言われたそうだ。そんな原監督と秦社長の付き合いは20年にもおよぶ。置かれた場所はそれぞれ違えど、ふたりのまなざしはつねに「頂」を見続けている。

戻る

䅈建設株式会社|岡山で新築一戸建、マンション・商業施設などの設計、施工・リフォーム・賃貸マンション経営のことなら秦建設株式会社へ

セミナーに関するお問合せは、こちらまで。

※セミナーは、事前にお申込頂いた方のみの受付となっています。当日のご参加は、受付しておりませんのでご了承ください。尚、定員に達した場合は、お申込を終了させていただきますので、予めご了承ください。

お電話でのお問い合わせは086-262-3945

賃貸物件について

秦建設が自信を持って、おすすめする賃貸物件をご紹介致します。

マンションリフォーム

とにかくキレイにして、不動産屋さんに胸を張って入居者様をご案内していただくお手伝いをします。

不動産賃貸業経営セミナーについて

オーナー様の“タメになる”不動産賃貸業経営セミナーを定期的に開催しています。

高い耐震性について秦建設の取り組みをご紹介

入居者様の安全を第一に考えた、ハイグレードな耐震性についてご紹介します。

マンション経営

マンション建設のプロが、土地活用に最適なマンション経営をサポート。

住宅の施工実績

お客様と共に歩んできた、住宅の施工実績をご覧いただけます。

素敵にリフォーム

お客様の大切なマイホームをあずかりリフォームをさせていただいた事例をご紹介します。

  • 坪井監督の現場日誌:レジデンス山田
  • 和多監督の現場日誌:サンフルーフ
  • 横山監督の現場日誌:サンセール東古松2

秦建設の仕事人

秦建設のことをより知っていただける楽しいページです。

ページの先頭へ戻る