本文へジャンプ

不動産賃貸業経営セミナー

1年振りの原監督。振り返れば、毎年岡山に招いて今年で5回目。「5年前初めて登壇した際はずいぶん初々しかった原監督も、今や名将の佇まい」と秦社長も目を細める。チームは4連覇を達成し、目指すは、さらなる頂。勝ち続ける名将の言葉を届けたい。

原監督の歩みを振り返ってみた。「チーム育成10年計画」というプレゼンを買われ、2004年から青山学院大学体育会陸上競技部監督に就任。その後はご存じのとおり、2009年に33年ぶりの箱根駅伝出場。2015年の箱根駅伝で同校を初優勝に導き、現在、4連覇中。

勝ち続ける、その最大の要因が原監督ならではの選手育成法にあるのは言うまでもない。「伸びる選手は『妄想』を抱いてはいない。妄想と目標は違う」と原監督は言い切る。そして「目標とは、手の届く『半歩先』に置くもので、それを目指して練習するもの、その繰り返しなんです」と続けた。「1歩先」ではなく「半歩先」、選手の心の機微を読み取った、このさじ加減が原マジックの妙味なのかもしれない。

全国から才能豊かな選手が集まる青学陸上競技部。選手へ向き合うフェアな姿勢・評価方法も原流は健在だ。「私は『評価の見える化』と呼んでいます。今の子どもは働いても報われない組織なら最初から頑張りません。逆に大会のメンバーから漏れても、評価がフェアで理由が明確であれば納得してくれるんです」。青学では故障者やタイムの伸びない選手は二軍寮に行くが、やるべきことを明解にしているため、選手は逆に奮起するとのこと。実際、箱根を走った選手にも二軍経験者はいたそうだ。

「原監督はいつも『俺が明日死んでも、変化なく続けられるチームを10年かけて作ってきた』とおっしゃいます。そして勝ち続けるためには『準備』と『こだわり』が必要とも。名将の揺るがぬ意志と覚悟、その姿勢から私たちが学ぶものは多いですね」と秦社長。

最後に原監督は「原がいようがいまいが青学は強い。青学は今後も組織として戦う。私自身、さらに格好よい指導者を目指します。みなさんも格好よい経営者を目指してください」と晴れやかなエールで講演を締めくくった。

取材終わりに原監督がぽつり。「昔は自分の評価が気になっていた。でも最近は自分よりも学生たちの幸せのほうが、幸せに感じるんです。OBが自己新を出したとか、昇進したとか。 そんな連絡があると嬉しいですね」。その眼差しに一点の曇りなし。5連覇への序奏はすでに始まっている。

戻る

䅈建設株式会社|岡山で新築一戸建、マンション・商業施設などの設計、施工・リフォーム・賃貸マンション経営のことなら秦建設株式会社へ

セミナーに関するお問合せは、こちらまで。

※セミナーは、事前にお申込頂いた方のみの受付となっています。当日のご参加は、受付しておりませんのでご了承ください。尚、定員に達した場合は、お申込を終了させていただきますので、予めご了承ください。

お電話でのお問い合わせは086-262-3945

賃貸物件について

秦建設が自信を持って、おすすめする賃貸物件をご紹介致します。

マンションリフォーム

とにかくキレイにして、不動産屋さんに胸を張って入居者様をご案内していただくお手伝いをします。

不動産賃貸業経営セミナーについて

オーナー様の“タメになる”不動産賃貸業経営セミナーを定期的に開催しています。

高い耐震性について秦建設の取り組みをご紹介

入居者様の安全を第一に考えた、ハイグレードな耐震性についてご紹介します。

マンション経営

マンション建設のプロが、土地活用に最適なマンション経営をサポート。

住宅の施工実績

お客様と共に歩んできた、住宅の施工実績をご覧いただけます。

素敵にリフォーム

お客様の大切なマイホームをあずかりリフォームをさせていただいた事例をご紹介します。

秦建設の仕事人

秦建設のことをより知っていただける楽しいページです。

ページの先頭へ戻る