本文へジャンプ

秦建設の仕事人

お施主さまの想いを図面に描く、設計のプロ。設計士:西村知香

秦建設で現在、活躍されている女性設計士は2人います。
その中で、マンションの設計を主に担当している西村さんを取材しました。設計はもちろん、お施主様との細かな打合せや、現場に足を運び勉強される姿は、まさにキャリアウーマン!
お急がしい中の取材にも、快く引き受けてくださった西村さんに今回はスポットをあてて取材しました。

金井 西村さんには、いつもお世話になっています。
いろいろインタビューさせて頂きますが、よろしくお願いします!
西村 はい。よろしくお願いします。
金井 まず、西村さんは大学で設計を学ばれたんですか?
西村 はい。建築学科で4年間学びました。4年生のときに研究室が分かれるんですけど、4年時は建築歴史の研究室で勉強していました。
三宅 どんな事を学んでたんですか?
西村 建築の歴史も学びましたけど、意匠設計がほとんどでしたね!
建築のコンペにも出したりして、実は…賞を頂いたこともあります。
三宅 どんなコンペだったんですか?
西村 『マイタウンの再生』というテーマで、海軍基地の跡地に建てられた住宅街の再生をテーマに3人チームで応募したんですよ。教授にダメ出しを何度も受けながら、あの時は本当に大変でしたけど、結果的には賞を頂いて自信にもなりましたね!
金井 学生時代の経験が、西村さんの今に活かされている感じがしますね!
秦建設の入社のキッカケは、何だったんですか?
西村 大学の教授から紹介されたのが、キッカケですね。
三宅 秦社長と副社長が、西村さんの大学まで見学に来られたと、聞いたことがあるのですが、本当ですか?
西村 はい。社長と副社長とで、私がどんな所(大学)で勉強してきたのかを直接見に来られました。それで、認めて頂いて採用してもらったんです。
金井 すごいですね!(驚)
社長自ら大学まで足を運ぶことは、あまり聞いたことがありません!
それだけ、設計部門を重要だと考えられているんですね。なるほど〜!
そこで、きっと『この子なら出来る』と思われたんでしょうね!
西村 そうですかね〜?(笑)
金井 きっと、そうだと思いますよ。
では秦建設に入社するまでの事は、お聞きできたので、ここからは現在の設計のお仕事について、いくつかインタビューさせて頂きます。では、三宅からどうぞ!
三宅 はい!宜しくお願いします。
マンションの図面のプランは、どういう感じで決めていくんですか?
西村 図面を書く時は、プランを何案も提案します。「ここに住みたい”と思ってもらえるような、図面をいつも考えてます」
そうですね。オーナー様に気にいって頂けるような設計(間取り図)プランももちろんですが、第一に、そこに住まわれる入居者さんの事を考えて、設計プランを考えます。設計プランはマンション毎に合わせて何案もご提案します。広さが決まっている中で、そこから出来る間取りはいろいろありますし、誰をダーゲットにするかで間取りの内容は全然違ってきます。例えば、1Kとか1LDKとか…。そこが、大変ですけどおもしろい所でもあります。
三宅 なるほど!西村さんは、メインは設計ですけど他にもオーナー様ともいろいろ打合せされていますよね?どんな事をされているんですか?
西村 そうですね〜。例えば、オーナー様と一緒に、ショールームに行ってキッチンやトイレ・洗面所をどうするか決めたり、マンションの看板をどうするかとか…、本当にいろいろです。1つのマンションが完成するまでは、いろいろ決めていく事がたくさんあるので、打合せは必ず参加していますよ。その方が、マンションの進捗状況も分かりますし、自分の勉強にもなります。
三宅 打合せ場面も拝見した事がありますが、たくさんの資料を準備されてましたね。
次の質問ですが、現場見学によく行かれていますが現場ではどんな事をしているんですか?
西村 現場に直接行ってみないと分からない事はたくさんありますし、少しずつ出来上がっていく姿を見るのはやっぱり嬉しいです。
現場に行ってみて、その場で疑問に思ったことは監督さんに聞いて教えてもらっています。図面の中の寸法が必ず正しいわけではないので、そこは実際に見て、ここの幅はもう少し広い方がいいなとか、そういった事はあります。監督さんや、職人さんたちとは作業現場で直接、お話出来るほうが勉強になりますので。
金井 秦建設のブログでも、マンションの検査の日記など、よく現場に行かれている記事は、読んだことがあります。ヘルメットとパンツスーツでビシッ!と決められた姿は、普段とギャップがあってかっこいいですよ!
西村 ありがとうございます。(笑)
三宅 設計士という職業柄、他のマンションが気になったりしますか?
西村 やっぱり、気になりますね〜!エントランスとか、いろいろ見てしまいます。県外に遊びに行った時は、住宅やマンションの情報誌を持って帰ったりしますね。
三宅 やっぱり、他のマンションや住宅も見て勉強されているんですね!私も見習わないと…。西村さんは、今はマンション設計をメインにされていますが、住宅の設計はやられた事はあるんですか?
西村 ゆくゆくは住宅設計も手掛けてみたい。
はい。入社して、住宅の設計のお手伝いはした事があります。
マンションと住宅の設計では、同じ設計でもだいぶ違いますので、ゆくゆくは住宅も手掛けたいですね!住宅は一生に一度の大きな買い物ですので!お施主様はそれぞれ、こんな住宅がいいとか夢がたくさんありますので、そのお手伝いをしてみたいですね!
金井 私が家を建てる際には、西村さんに設計して欲しいです。(笑)
三宅 私も頼みたいです。(笑)
西村さん、今日はお急がしい中、ありがとうございました。
西村 いえいえ。上手く話せたかどうか分かりませんが。
ありがとうございました。

取材時の写真


現在、施工中のマンションの打合せです。看板屋さんも同席して打合せされていました。

西村さんのデスクです。ここで、マンションの設計図が作られています。

設計に関ったラ・トピア医大南のお施主さまと、監督と完成した建物の前で記念にパチリ☆

秦建設の女性設計士さんです。 いつも優しい対応と細やかな気配りは、設計の図面にも表れています。

凸凹コンビの取材日記

西村さんと金井は同じ歳という事もあり、取材させて頂く私としては、緊張せずにインタビュ−できました☆
島根県のご出身で、一人暮らし暦も長い西村さん。大学時代のヨーロッパ研修のお話しや、サークルの話しなど、普段ではお聞きできない学生時代のお話もして頂きました。秦建設には、なくてはならない存在の西村さんの、今後のご活躍が楽しみです♪

秦社長からの手紙
  • 一覧へ戻る

䅈建設株式会社|岡山で新築一戸建、マンション・商業施設などの設計、施工・リフォーム・賃貸マンション経営のことなら秦建設株式会社へ

新築一戸建てマンション商業建築などの設計施工リフォームマンション経営などのサービスに関するご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは086-262-3945

賃貸物件について

秦建設が自信を持って、おすすめする賃貸物件をご紹介致します。

賃貸経営セミナーについて

オーナー様の“タメになる”賃貸経営セミナーを定期的に開催しています。

高い耐震性について秦建設の取り組みをご紹介

入居者様の安全を第一に考えた、ハイグレードな耐震性についてご紹介します。

マンション経営

マンション建設のプロが、土地活用に最適なマンション経営をサポート。

住宅の施工実績

お客様と共に歩んできた、住宅の施工実績をご覧いただけます。

素敵にリフォーム

お客様の大切なマイホームをあずかりリフォームをさせていただいた事例をご紹介します。

秦建設の仕事人

秦建設のことをより知っていただける楽しいページです。

ページの先頭へ戻る